結婚出来ない人が増えた社会情勢

仲良し夫婦

 

結婚したくても結婚ができないという男性や女性は増えていると言われています。

 

結婚できない男性や女性が増えている原因にはいろいろあるので一概に原因を特定することはできません。

 

複雑化する社会による影響が一番大きいとされており、昔と比べると結婚事情は大きく変わってきています。

 

結婚をする人のほとんどが自由恋愛から発展して結婚するというケースですが、最近の男性や女性が結婚できなくなっている理由の一つに、この自由恋愛のきっかけがないということが理由としてあります。

 

自由恋愛をして結婚をするまでの過程が面倒だという人も多くいるようです。

 

 

結婚をしない人の中には結婚をしたくてもできない人もいれば、結婚の必要性を感じていないため結婚をしない人がいます。

 

そのように結婚しない人によって結婚に対しての価値観が違うのが普通で、結婚に対しての焦り具合もまた個人差があります。

 

 

なかなか男女が出会うきっかけが無いというのも晩婚化が進んでいる理由の一つとして言われています。

 

男女が出会うことのできる場を提供する会社も増えてきており、特に結婚相談所と呼ばれる相談所のサービスはどんどん多様化の一途を辿っています。

 

結婚相談所というと、堅苦しいイメージを持っている人も中にはいるかもしれません。

 

昔の結婚相談所は重苦しい雰囲気の中で相談員に相談するのが基本だったものの、最近ではかなり明るい雰囲気となっています。

 

誰でも気持ち的な面で抵抗感を持つことなく利用することができるようになっています。

 

 

また、インターネットが普及したことによってインターネットに特化した結婚相談所も多くできるようになりました。

 

これによって男女が交流する場が増えたというメリットがあります。

 

結婚したいなら結婚相談所の利用をおすすめします。

 

結婚相談所と言っても、様々なタイプの結婚相談所があります。

 

これから結婚相談所の利用を考えている場合は、結婚相談所の特徴や違いを理解しながら結婚相談所の利用を考える必要があります。

 

 

最近の結婚事情について

婚活する女性

昔は年齢を重ねると親から結婚の催促をされるのが一般的で、結婚はしないといけないという風潮が強かったのです。

 

最近はそのような風潮もすっかり無くなり、結婚はしたい人がして、したくない人はしなくていいという風潮に変わってきています。

 

年々婚姻率が下がっていると言われている昨今ですが、婚姻率が下がっている理由には結婚をしなくても良いと考える人が増えたことが理由と言われている反面、単に異性と交流する機会が減ったということも婚姻率の低下に繋がっていると言われています。

 

一昔前は結婚をしたい年頃になるとお見合いという形でパートナーを探すことも多かったのですが、最近は結婚相談所や婚活パーティーのように結婚に関連したイベントがたくさん行われるようになったので、昔に比べると結婚を目的とした男女が交流する場所が増えたと言われています。

 

実際に結婚相談所や婚活パーティーに参加して人生の伴侶を見つけるという人も多くいると言われており、これらの結婚イベントは一定の成果を得ていると言われていますが、それでも婚姻率の低下に歯止めがかかっていないと言われています。

 

婚姻率が低下する理由は他にもいろいろありますが、小さい頃から異性と交流する機会があまり無いまま大人になってしまったことで、異性とのコミュニケーションの取り方が分からない人が最近では増えていると言われています。

 

結婚相談所や婚活パーティーに参加しても自分からアプローチできない人もいるので、これが婚姻率の低下に繋がっている可能性もあります。

 

男性の結婚に対する価値観

男の価値観

日本人が持っている結婚のイメージというと、男性は家庭を女性に任せて男性は仕事に没頭するというもので、どちらかという男性優位な結婚のイメージを持っている人が多いのではないかと思います。

 

男性だけの収入だけでは結婚生活を送るのが難しくなっているのが現状で、女性と男性が互いに働いて収入を得る必要のある夫婦が多くなっています。

 

これによって男性の結婚に対する価値観も変わってきていると言われており、結婚はどちらかが家事をしてどちらかが仕事をするという従来の価値観ではなくなっています。

 

それぞれが協力し合って助け合うことが大事だと思う男性も増えています。

 

 

結婚に対しての願望は出産などの関係から男性よりも女性の方が強いと思われがちです。

 

男性も結婚に対しての願望は強い人が多く、結婚したくても結婚できない男性というのもたくさんいます。

 

しかし、草食系男子と呼ばれる控えめな男性が増えたことによって、積極的に女性とコミュニケーションが取れない男性が増えています。

 

これが男性の婚活が進まない理由と言われています。

 

 

結婚相談所に通う男性の多くが、結婚に対して安らぎや癒しを求めているのが特徴となっています。

 

パートナーに求めるのは見た目ではなく同じ空間にいてリラックスできる環境が作れるかということに重きを置いている男性が多くなっています。

 

昔と違って男性の結婚に対する価値観は徐々に変わってきていますが、この価値観の変化も婚姻率の低下に起因している可能性があります。

 

 

結婚とは

結婚をしたいのか、そうでないのか。

 

結婚はしたいが、踏み出せないのか、納得がいかないのか。

 

はたまた相手がいないのか。

 

 

相手との結婚観が違う場合もあれば、親の結婚観が違い上手くいかない場合もあります。

 

そもそも結婚をどう捉えているのか、一例として私の結婚観について話します。

 

 

人間の結婚観は、経済的な支援のためでなく精神的なものを求めています。

 

あくまでも理想と笑われてしまうかと思いますが、「つらい時支えてくれる人」ではなく、長い道のりを「一緒に歩いてくれる人」が良いのです。

 

もちろん経済面も大事ですが、何よりも人柄が大事だと思います。

 

優秀な人よりも、不器用であってもひた向きに努力できる人が良いのです。

 

そう考えてしまいますと、早く結婚して、家庭を持ってと焦るより、じっくり構えて、ゆっくり相手を見定めていきたいと思ってしまいます。

 

親や祖父母世代からすると悠長なことをと、私の結婚観と違い急かされてしまいますが、子供を多く望まない限り、焦る必要はないのです。

 

急がば回れということわざにもあるように、多少回り道であっても少しでも多くのことを経験してから先に進みたいのです。

 

結婚相談書を利用して、自分の結婚観を確かめながら婚活を進めましょう。

 

 

 

 

 

更新履歴